読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黙ってられない女子大生のブログ

こにたんと言います。都内大学4年生。4月から社会人。Netflixでブレイキング・バッドを見る日々。趣味は合コン、人間観察、ピアノ、ラップ作詞することです。

ドライヤーが進歩しない謎

考察

技術の進歩ってすごいですよね。



ここ数年でカメラとかテレビとかスマートフォンとかすごく進歩してますよね。


画質!



みたいな(笑)



あと街中で配っている、風俗の求人広告がついてる品のない無料のポケットティッシュ。

あれのティッシュの質もここ数年で格段にあがっている…!



100円ショップの品ぞろえとかクオリティもばかにできないですしね。




こんな風に世の中のものって低価格高品質を目指して頑張ってくれている。
ありがとう。





でもね。


最近私が気づいたもっと進歩してもいいのではないかというものがあります。




それはドライヤー。



ドライヤーってずっとあの形ですよね。
確かにイオンとかがでて地肌ケアとかあると思うんですけど、そういうことじゃなくって、髪を乾かすってことに対しての進歩は大してしていないのでは?!



もう少し乾く時間が短縮されたりとか、もっと広範囲の髪の毛を一気に乾かせたりとかしないのかな。


ドライヤーはいつまでも原始的な方法で髪を乾かしすぎでは。



いつまで長い髪乾かすのに腕疲れなきゃいけないの?



あともう一つあります。



ホテルで用意されている使い捨て歯ブラシについてくる歯磨き粉の味。




あれ、まずくね?





味と品質に世界一うるさい日本人があの歯磨き粉を受け入れている謎やばい。



どうしてあの味には苦情とかいわないんだろう。



謎すぎる。